がんリスクの低減効果も期待できるβ-カロテン

公開日: 

β-カロテンとは

人間の身体内でビタミンAの作用をしているカロチノイドは、α・β-カロテンやクリプトキサンチンになります。またカロチノイドは、植物や動物に含まれる色素で赤色や黄色などの色をしています。

ビタミンAの作用が最も強いのは、β-カロテンです。その為、ビタミンAの働きをするカロチノイドをβ-カロテン当量とも呼びます。α-カロテンとクリプトキサンチンのビタミンAの作用は、β-カロテンの5割として算出されます。

β-カロテンの働き

β-カロテンはビタミンA効果以外にも、活性酸素から身体を保護する抗酸化力があり、免疫力を促進する作用も期待できます。またβ-カロテンを野菜や果物から十分に摂取する事で、心の病気やがんのリスクを低減する効果も期待されています。

β-カロテンが多く含まれる食品は、にんじんやほうれん草などに多く含まれています。その他にも、かんきつ類やスイカなどの果物にもβ-カロテンは多く含まれています。食品中のβ-カロテンは、食材や調理方法によって人体に吸収される量が変化します。

それは、1割以下から6割までと大きく異なります。β-カロテンは、油と一緒に食べると吸収が高まると言われています。その為、効率よく摂取したい方は油を使用して調理すると良いでしょう。例えば、ほうれん草のバターいためなどはβ-カロテンを摂取するのに最適な調理方法です。

β-カロテンの摂取量

β-カロテンの適切な摂取量目安は、まだ判明していません。現在、カロテノイドが欠乏して病気になる事はありません。しかし、カロテノイドはビタミンAの元として働いています。

その為、レチノールとカロテノイドの摂取が不十分な場合は、ビタミンAの作用を減少させると考えられます。現在日本人は、ビタミンAの多くを緑黄色野菜や果物から摂取しています。

国が推奨する緑黄色野菜の摂取量は、1日120gとされています。しかし、サプリメントや健康食品でβ-カロテンのみを毎日20mg以上過剰摂取する実験では、喫煙者には有害であったと報告されています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑